ボケたくて

これは、写真の話。
「ぼけ」というと認知症と結びつくけれど、バックをぼかしたいのです。
これをカメラ用語的には「ぼけ」と言うらしい。
私は、ぼかしたいんだけれどね。

そこで「一眼レフ」のパンフレットをパラパラしてました。
ビックカメラで触ったり、、、。
そんな私を見てた連れ合いからプレゼントカメラ誕生日祝いにともらいました。
やった!小さな初一眼レフ

講習会に行こうと予約。
自分のカメラだと、俄然やる気が出てきました。
使いこなしたいな。

お正月リース

Cimg1261

締め縄のお正月リースです。

パーツは毎晩1つづつ。形を決めて、色は和の色を作ります。

左右14cmのちっちゃなりース。

招き猫と右上の打出の小槌が今時でしょうかね。



来年も、創る日々でありますように。

本年は、お世話になりました。

「こどもべやをのぞいたら」2

Cimg1165_2

風船の籠に乗ったテクがご案内します。クリックすると、大きくなります。

Cimg1164_2 

天井からいろいろ下がってます。手前の籠の中には、ジンさんの「シルクハット鳩」。風に揺れてます。

Cimg1160_2 

mihoさんの作品が並びます。

Cimg1139

Cimg1180

Cimg1206

Cimg1207

Cimg1211

下の棚は、room-kです。

Cimg1210

「今、何時?」 

お人形を並べてすっかり先生気取りです。右端の彫りだして作ってある椅子はドイツ製の古い玩具です。

Cimg1209  

「ブレーメンの音楽隊」

Cimg1179

「森の中」エッツ作 

男の子は新しいラッパを持って森に行きました。象が踊ってるみたいに付いてきました。

Cimg1217

お菓子の家のアップです。

Cimg1214  

「赤ずきん」

おばあちゃんの手はどうしてそんなに大きいの?」初めて作った自立する人形です。籠を持つのでなかなか立ちませんでした。

正面の棚はすずさんの作品。

Cimg1144

Cimg1186

Cimg1188_2

Cimg1191

Cimg1203

Cimg1232

Cimg1233

反対側はroom-kのゴシゴシ系の作品です。

Cimg1146

Cimg1199

コサージュは50個持っていきました。

Cimg1200

たっぷり入るバックたち。内側にもポケットがあります。

緑のバックの外ポケットは革です。

Cimg1201

Cimg1202

ネズミは革製のクリップです。下に下がってるのは、お菓子の家の時にいろんな種類を作った焼き菓子(?)です。棚の3つのボックスはすずさん作。

動物が多いのがJINさんの作品。

Cimg1137

Cimg1228

Cimg1229

Cimg1192

Cimg1193

Cimg1194

Cimg1195

ブランコの金属加工もしたそうです。

中央のテーブル。

Cimg1231

Cimg1230

Cimg1222

Cimg1226

お越しになったお客様に小さなプレゼントを用意したいと、皆でアイデアを出し合いました。****************************************************************
小さな本をつくりたい。本
そして、美味しいお菓子もあったらいいね。さくらんぼ
****************************************************************

Cimg1247_2

表紙はDMのちいさい版。
中には、森のクリスマスクリスマス
各自の代表的な作品と
プロフィール。
折りたたんで本になってます。

Cimg1248

お菓子はパパブブレhttp://www.savarins.jp/shop_detail/shop_id/78のキャンデー。
ちっちゃくって、精密で、美味しくて。

4人の得意分野でこんな可愛い本ができました。
得意分野といっても、私ができるのは買出し+運搬くらいですが・・・。
pcに慣れたメンバーがいるので頼りになります。
印刷屋から来た紙を、おりたたんで本を作って、
飴を小袋に入れて、可愛いテープで貼って出来上がり。

10畳位の小さなギャラリーに、たくさんのお客様がいらしていただきました。時には、窓ガラスが曇るほど。身動きに気をつかうような事もありました。そんな中でも、小さな私達の作品を屈んだりして見ていただけ、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

「こどもべやをのぞいたら」1

作品展に行って見ましょう。クリックすると大きくなります。

表参道のベネトンの角を曲がったら、突き当たりに黄色い建物が見えてきます。

Cimg1151 Cimg1152 窓をのぞいて見ると、赤い本がありました。中に入ってみましょう。

Cimg1145 Cimg1161 動物たちの森のクリスマスパーティー。4人の作家の動物達が集まっています。木々の幹は、もえの散歩中に見つけた木の皮です。上のタピストリーは以前の作品。ツリーには、各々がオーナメントを飾りました。

Cimg1162_2

さっきのぞいた窓はこんな作品が並んでます。元はガレージだったというギャラリーを見て、皆でイメージしたのは子供部屋でした。窓をのぞくと誰でも知ってる童話の一場面が見えます。

Cimg1168 「おやゆびひめ」mihoさん

Cimg1169 「ブレーメンの音楽隊」すずさん

Cimg1170 「靴はき猫」ジンさん

Cimg1171 「不思議の国のアリス」すずさん

Cimg1172 「ヘンゼルとグレーテル」room-k  美味しそうなお菓子のいっぱい付いた家を作りました。8月はまるでお菓子屋さんになったみたいでした。ケーキの箱が土台になっています。家の中は、壁紙や絨毯がはってあります。見えない所ですけれど。家ができてから、おばあさんを創り、それより少し小さいサイズのヘンゼルとグレーテルです。お菓子の家を見つけて嬉しいなぁ!ヘンゼルは両手を挙げてますね。グレーテルは指差しながら言葉もなく。髪の毛をたくさん植毛したので、ヘアースタイルを楽しめます。

Cimg1173 「赤ずきん」room-k 一番はじめに創った自立するお人形です。オオカミは舌をベロンと出して恐ろしい。籠にはワインとパンが入ってます。

Cimg1175 ジンさん作の小さな本。サイズは、88mm×65mm 中には物語りの一節と画像が入ってます。Cimg1236 Cimg1237  

今日は、まだ入り口の辺りです。今度は中を見ましょう。

ワークショップの予約受付

グループ展「こどもべやをのぞいたら」の準備は、最終コーナーに向かっています。毎日、ゴシゴシサクサク製作中。人形で行きつ戻りつしていたのですが、やっとめどがたちました。ここまでが長かったぁ。もう少し手を入れて完成までもっていきます。

今回のグループ展ではワークショップを行います。「M&Mのピンクッション」「青い鳥」 「フクロウのミニリース」「うさぎの指人形」「りんごと洋ナシ」時間は2時間で費用は¥3000です。展示会場のお隣の部屋でゆっくり作っていただけます。

初心者の方でも参加できるように工夫してあります。詳しくはHP「こどもべやをのぞいたら」http://www.geocities.jp/kodomobeyawonozoitara/index.html をご覧ください。参加希望の方はHPのメッセージでお願いします。

ご案内 グループ展「こども部屋をのぞいたら」

Cimg0616

グループ展「こども部屋をのぞいたら」http://www.geocities.jp/kodomobeyawonozoitara/

表参道のギャラリー・ミモザで展示会をします。 

12/1(火)~12/5 (土)11:00~18:00 最終日は17:00

ギャラリー・ミモザへのアクセスは上記HPをご覧ください。

4312181_90

ギャラリーを探していて、出会った所は、まるで子供部屋のような所でした。

4人の羊毛フェルト作家たちの作り出した子供部屋は、、、、、。

CMも作ってみました。http://cmizer.com/movie/60956

k「ドッグ ラン」

革工芸を初めてから、一年経ちました。
始めてカードケースを創った頃は、どんなのが創れるようになるか、不安でした。
そして、一年間革と親しんできたら、こんなバックができました。

Cimg0987 

講師の見本は、蓋はなくてベルトをマグネットで止める形でした。
それを見て、折角ヌメ革を使うのなら蓋があるバックにしたいなと。
留め金は、以前から憧れていたハート型。

Cimg0989

サイドには、肩から掛ける時用の金具。
周りを大きな針目で縫うならば、黒革で縫って、ドックランの囲い似したらどうだろう。
中は、フェスナー付きのポケットと、キーリングもあるといいかな。
そんなリクエストを叶えたバックです。
2週間、日光浴をしたら、こんがり小麦色になりました。

Cimg0990 


クリップサイズ(持ち手も含めて45cm × 幅32cm × 奥行 12.5cm)

k「焼き菓子」

Ca390279_4
「さぁ!お茶にしましょう。 お菓子を焼きましたよ。」
そんな声に誘われて、ど・れ・に・し・よ・う・か・な・・・。
でも、残念ながらお口に運ぶ訳にはいきません。
だって、これはフェルト(工場で作った)で作ったフェイクだから。

これを作ったのにはこんな訳が・・・・、
雄鶏社の本は子供の頃から、手芸の本として親しんできたので、今年の4月に自己破産したニュースは残念でした。
新宿の紀伊国屋に行ったら、雄鶏社の本の半額セールをやっていました。
何かあるかなぁ?と覗いたら、見つけました。
「針と糸なしで作る フェルトの焼き菓子&パン」(原田幸子著)

普段、フェルト(工場で作った)の本は買わないのに、
あんまり魅力的に出来てる焼き菓子にノックダウン。
ちょっと作ってみる気で始めたら、どんどん種類がふえてました。
まだまだ、本の様にはいかないけれど、
ねぇ?美味しそうでしょ。
作っている内に思いついたお菓子は4つあります。
さて、どれでしょうね。
サイズは、ほとんど、1/4位です。

k「ブレーメンの音楽隊」

犬もえには、胸に秘めていた事があった。
それは、「ブレーメンの音楽隊」の犬になりたいと。
でも、それは、無理だろうと思っていた。
だって、犬もえはミニチェワダックスの中でも小さめのワンコだから。

でも、思い切って猫ネコさんとニワトリさんに相談してみた。
もえ「私の上に乗ってくれますか?」
ネコ「いいよ~。お安い御用」
ニワトリ「危なかったら飛んじゃうから、大丈夫」

Cimg0820

ネコとニワトリはロバに話してくれました。
「もえちゃんが、ブレーメンの音楽隊みたいにしたいんだって・・・。」
「面白そうだね。やってみようよ。」
もえはとっても嬉しくて。

Cimg0816 

ロバの上に皆で乗りました。
もえが小さいので、バランスは悪いけれど、みんな笑顔で「ブレーメンの音楽隊」が出来た。

Cimg0823


「シロクマ財布」

Cimg0824
Cimg0825
6・7月に製作したのは長財布です。
今回はヌメ革なので、染めにも挑戦しました。
使っていく内に飴色に変わっていくのを予想して、軽めのストライプです。
溝引きという定規にガラス棒をスライドする方法で平行線を引いたら、
そんなやり方見たことないと、注目の的になった。
昔は、ポスターカラーで平面構成するのに、練習したものだが・・・・。
シロクマのスタンプがあったので、ポンポン。
長財布はパーツが多いので裁断が大変だ。
それをコマコマと組み立てていくのだが、表側とポケットがたくさんある内側を
張り合わせるのに技がある。
丸くなるように、微調整しながら貼っていく。
平らに表裏同寸に貼ると、使いにくい財布になるそうだ。
Cimg0826
Cimg0831
Cimg0829
ぷっくりした感じです。
作り上げて、財布はバックに比べて、割高感がある訳がわかった。
多分、長財布は、これが最初で最後でしょ。
(サイズ 12×18.5×3cm)

«中欧の旅 14 プラハ